本ページにはプロモーションが含まれています。

Robert Chevillon ロベール シュヴィヨン【ブルゴーニュの作り手一覧】

作り手

スポンサーリンク

概略

ロベール シュヴィヨンは、ニュイ サン ジョルジュを本拠地とするドメーヌです。

現在はロベール氏の息子のベルトラン氏とドゥ二氏が運営していますが、ドメーヌが今の地位を築いたのはロベール氏の時代です。

以前は先代のモーリス氏がワイン造りを行っており、ロベール氏は1968年ごろからドメーヌに参加しています。

その頃から評価は高まり、ニュイ サン ジョルジュを代表する造り手へと成長しました。

1977年からすべてのワインをドメーヌ元詰めにしています。

当時3haほどであった自社畑も、現在では13haほどにまで広がっています。

ロベール氏は2000年に引退し、そのワイン造りは息子達に引き継がれています。

ロベール シュヴィヨンの特徴は、ニュイ サン ジョルジュの素晴らしいプルミエ クリュを多く所有していることと、その栽培されているブドウの樹齢の高さです。

平均50~75年の古樹のため、自然に収量が制限されます。

そのため作られたワインは、凝縮感が素晴らしく、複雑な要素をもちます。

ニュイ サン ジョルジュの白ワインもリリースしており、シャルドネ、ピノ グージュを使用しています。
※ピノ グージュはアンリ グージュの畑から発見されたピノノワールの変異種。

製法など

栽培はリュット レゾネで行われ、畑で選果。

収穫量は30~35hl/haと抑えられています。

100%除梗を行い、1週間の低温浸漬、発酵はステンレスタンクを使用。

プルミエ クリュでも新樽率は30%(18カ月熟成)と控えめです。

所有している主な畑

すべてプルミエ クリュです。
Les st Georges レ サン ジョルジュ 0.6ha
村の名前の由来となった、由緒正しい畑。小石が混じった赤い粘土。

Les Vaucrain レ ヴォークラン 1.5ha
レ サン ジョルジュと村の名前で最後まで争った畑。
ニュイ ヴォークランになっていたかも。。。

Les Cailles レ カイユ
Les Perrieres レ ぺリエール 0.5ha
Les Pruliers レ プリュリエ 0.6ha
粘土質で東向きの斜面中腹に位置している。
力強いワインを生産。

Les Chaignots レ シェニョ 1.5ha
Les Bousselots レ ブースロ 0.6ha

Tasting Note

2014 Nuits Saint George
華やか、エアリー、クランベリー、石灰の香り。
綺麗な酸味、ザ エレガント。
重心が低く凝縮間のある味わい、長いミネラルの余韻。(2019)

最後までお読みいただきありがとうございます。

電子書籍でワインとウイスキーの入門書を販売中ですので、宜しければお試しください。

作り手
wine-spをフォローする
WINE SELECT PARTNER
タイトルとURLをコピーしました