本ページにはプロモーションが含まれています。

Louis Jadot ルイ ジャド 【ブルゴーニュの作り手一覧】

作り手

スポンサーリンク

概略

ルイジャド社はブルゴーニュ最高峰のネゴシアンのひとつです。

酒神であるバッカスが描かれているラベルは有名ですね。

ブルゴーニュ有数の大ドメーヌであり、ネゴシアン エルブールとしても高い評価を得ています。

1859年にボーヌのクロ デ ズルシュルを購入したことにより始まりました。

ジャド家のルイ アンリ ドゥニ ジャド氏によって創設、その後アンドレ ガジェ氏が引き継ぎました。

1985年にはコプフ家に買収されましたが、様々な畑を買い足していきました。

1986年にはクレール ダユ、1989年にはメゾン シャンペのセラーと畑を購入しました。

1996年にはボージョレの名門シャトー デ ジャック、2008年にはマコンのドメーヌ フェレを買収しています。

ドメーヌ デ エリティエ ルイ ジャド
ジャド家が代々所有している畑のもの

ドメーヌ ルイ ジャド
スタンダード

ドメーヌ ガジェ
現在のオーナーであるガジェ家が代々所有している畑のもの

ドメーヌ デュック ド マジェンダ
耕作契約によって所有している畑のもの

製法など

発酵前の低温浸漬は行わず、発酵速度を速めるルモンタージュを行わない。

赤ワイン
100%除梗、木製かステンレスのタンクで一ヶ月ほどの長いマセレーションを行います。
発酵は自然酵母のみを使用、比較的高めの発酵温度でエキス分を引き出します。
1日に2度ピジャージュを行います。マロラクティック発酵は樽内で行い、10〜20ヶ月熟成を行います。新樽比率は平均30%ほど。
無清澄、ろ過は軽く行う。


自然酵母を使用。ステンレスタンクで発酵を始めるが、途中でフレンチオークの樽に移し、アルコール発酵とマロラクティック発酵を行う。
ルイジャドは酸を維持するために、人工的にマロラクティック発酵を途中で止めています。
10〜20ヶ月熟成を行います。新樽比率は平均30%ほど。

1995年にはカデュス社という樽会社を設立し、自社の樽を熟成において使用しています。

所有している主な畑

現在は約240haの自社畑を所有しています。
コートドール地区の所有畑のほとんどが、グラン クリュとプルミエ クリュです。

Bonnes Mares ボンヌマール
Chambertin Clos de Beze シャンベルタン クロ ド ベーズ
Les Demoiselles レドモワゼル
Corton Charlemagne コルトン シャルルマーニュ
Le Montrachet ル モンラッシェ
Musigny ミュジィニー

最後までお読みいただきありがとうございます。

電子書籍でワインとウイスキーの入門書を販売中ですので、宜しければお試しください。

作り手
wine-spをフォローする
WINE SELECT PARTNER
タイトルとURLをコピーしました