本ページにはプロモーションが含まれています。

Ch Malescot St Exupery シャトー マレスコ サン テクジュペリ【メドック格付けシャトー一覧】

作り手
スポンサーリンク

概略

シャトー マレスコ サン テクジュペリは、マルゴーの3級に格付けされているシャトーです。

評論家のロバート パーカー氏からは、「マルゴーで最もお値打ちで、フィネスと力強さ、テロワールを表現している」と言われています。

1697年にボルドー議会の公証人であったシモン マレスコ氏が取得し、シャトー マレスコと呼ばれるようになりました。

その後、作家のアントワーヌ ド サンテクジュペリ氏の曾祖父にあたる、サン テクジュペリ伯爵が買い取り、シャトー マレスコ サンテクジュペリになりました。

所有者はその後転々とし、1870年にはボイサック家の所有となります。

同家はボルドーに初めてグラヴィティ システムを持ち込んだとされています。

1955年にはズジェール家の所有となり、1994年にはジャン リュック ズジェール氏が引き継ぎました。

製法など

セカンドワインは、ラ ダーム ド マレスコです。

所有している畑は23.5haで、一部はシャトー マルゴーに隣接しています。

醸造はコンクリート製のバットと、ステンレスタンクを組み合わせて行います。

熟成は樽を使用し、14~16カ月行い、新樽率は80~100%です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

電子書籍でワインとウイスキーの入門書を販売中ですので、宜しければお試しください。

作り手
wine-spをフォローする
WINE SELECT PARTNER
タイトルとURLをコピーしました