本ページにはプロモーションが含まれています。

Ch Croizet Bages クロワゼ バージュ【メドックシャトー格付け】

作り手

スポンサーリンク

概略

シャトー クロワゼ バージュは、ポイヤックの5級に格付けされています。

シャトー ランシュ バージュと同じ、バージュの丘に位置しています。

18世紀中頃に、クロワゼ兄弟が近隣の葡萄畑を買い集めていたことが、シャトーの始まりとされています。

その買い集めた畑は、フランス革命中に売却し、1853年にジュリアン カルヴェが買い取り、1855年の格付けではカルヴェ クロワゼ バージュとして登録されました。

その後1942年から、ポール キエが取得し、キエ家の管理の下に置かれます。

キエ家はクリュ ブルジョワのシャトーベロルム トロンコワ ドゥ ラランドと、2級のシャトー ローザン ガシーも所有しています。

クロワゼ バージュのスタイルは、ポイヤックでは最も軽いと言われています。とても女性的でエレガントなスタイルです。

価格が比較的手頃で、飲み頃も早く迎えるので、親しみやすいワインだと思います。

製法など

所有している畑は30haで、平均樹齢は35年です。

栽培面積の比率は、カベルネ ソーヴィニヨン 60%、メルロ32%、カベルネ フラン8%です。

未熟な果実は除去し、機械収穫を行います。

発酵はステンレス タンクで行い、一部は樽の中でマロラクティック発酵を行います。

熟成は18ヶ月行い、新樽比率は25%です。

最後までお読みいただきありがとうございます。

電子書籍でワインとウイスキーの入門書を販売中ですので、宜しければお試しください。

作り手
wine-spをフォローする
WINE SELECT PARTNER
タイトルとURLをコピーしました