本ページにはプロモーションが含まれています。

Luois Huélin ルイ ユエラン【ブルゴーニュの作り手一覧】

作り手
EPSON MFP image

今回はブルゴーニュの新星、ルイ ユエランをご紹介します。

スポンサーリンク

概要

ルイ ユエランは、シャンボール ミュジニーを本拠地とするドメーヌです。

現在の当主は3代目のフレデリック ユエラン氏です。

1990~99年までは兼業農家としてブドウ栽培を行っており、出来上がったワインはすべてネゴシアンに販売していました。

しかしフレデリック氏は他の生産者の影響で、ワイン造りにのめりこみ、2000年からドメーヌ元詰めに切り替えました。

ワインメディアには基本的に出展はせず、知名度があまり高くない造り手ですが、徐々に注目を集めています。

製法など

2000年より、厳格なリュットレゾネで栽培しています。

天然酵母で発酵、澱引きを最初限度にし、シュールリーのような環境下での熟成。

無清澄、ノンフィルターで瓶詰めします。

1~3回使用樽で12カ月熟成。

村名は新樽率25%で、18カ月熟成させています。

所有している主な畑

グランクリュは所有しておらず、プルミエクリュも0.04haのみ所有。
合計で4ha程所有しています。

Tasting

2014 Chambolle Musigny
あっさりしている印象。チャーミングで酸味が強く、コクは少ない。(2018)

最後までお読みいただきありがとうございます。

電子書籍でワインとウイスキーの入門書を販売中ですので、宜しければお試しください。

作り手
wine-spをフォローする
WINE SELECT PARTNER
タイトルとURLをコピーしました