Joseph Roty ジョセフ ロティ-ブルゴーニュの作り手一覧

シェアする




概略

ジョセフ ロティは、ジュヴレ シャンベルタンに本拠地がある小さなドメーヌ です。

歴史ある名門ドメーヌ であり、樹齢が高いブドウの樹を多く所有しています。

設立されたのは1817年です。ジョセフ ロティ氏の息子、フィリップ ロティ氏が24代目としてワイン造りを行なっていましたが、2015年に病気により死去。

弟のピエール ジャン ロティ氏が後を継いでいます。

マット クレイマー氏は「シャルム シャンベルタンの中で最も優れている」と自著の中で評価しています。

先代のフィリップ ロティ ラベルでリリースされているものもありますが、ジョセフ ロティ ラベルに統一させていく予定です。

製法など

ジョセフ ロティは、厳しい収量制限を早期から始めた作り手です。

リュットレゾネにより栽培され、手摘みで収穫されます。

醸造は上面開放タンクで温度管理を徹底して行います。

発酵期間は3週間で、ピジャージュは手で行います。

熟成はトロンセ産とヴォージュ産の樽で18ヶ月行われます。

グランクリュを除き、新樽率は50%で行います。

色調は淡いながら、エキス分が濃く複雑味のあるスタイルです。

長期熟成タイプの、クラシカルなワインを生産しています。

無清澄、無濾過。

スポンサーリンク

所有している主な畑

ジュヴレ シャンベルタンを中心に、マルサネにも畑を所有しています。

Griottes Chambertin グリオットシャンベルタン 0.08ha
樹齢90年近くの古樹を使用、年間1樽ほどの生産しかなく希少なワイン。
Mazy Chambertin マジ シャンベルタン 0.12ha
新樽率90%で15~16カ月熟成。
Charmes Chambetin シャルム シャンベルタン 0.16ha
植樹1885年と、かなりの高樹齢。マゾワイエールを含めないAux Charmesの区画からのブドウを使用。
Les Fontenys(GC 1er) レ フォントニ 0.4ha


最後までご覧いただきありがとうございます。
ワイン初心者の方向けの内容をまとめた『ワイン入門書』をkindleにて販売しております


 

今なら有名ワインスクールの授業を無料体験できます↓