本ページにはプロモーションが含まれています。

Daniel Rion ダニエル リオン【ブルゴーニュの作り手一覧】

作り手

スポンサーリンク

概略

ダニエル リオンは、ニュイ サン ジョルジュを拠点としたドメーヌ です。

1955年に、ダニエル リオン氏によって設立されました。

当時は2haしかありませんでしたが、現在はヴォーヌ ロマネやジャンボール ミュズィニーなどに18ha所有しています。

1973年からドメーヌ元詰めを開始し、1985年には全てを元詰めで販売しています。

2000年には、ドメーヌの中心であったパトリス氏が独立。

ダニエル リオンは、残る息子たちであるクリストフ氏とオリヴィエ氏がワイン造り、娘のパスカル女史が販売を主に行なっています。

製法など

有機肥料を使用し、斜面に畑が多いため、除草剤の使用は抑えて栽培を行なっています。

基本的には100%徐梗を行い、2〜3日の低温浸漬の後、ステンレスタンクで発酵を行います。

16〜18ヶ月の樽熟成。

所有している主な畑

Echezeaux エシェゾー
レトルーの区画から作られている。

Clos Vougeot クロ ヴージョ
ル プティ モーペルテュイからつくられている。

Les Vignes Rondes レ ヴィーニュ ロンド(Nsg 1er)
ヴォーヌロマネと地続きの斜面にある畑。

Les Grandes Vignes レ グラン ヴィーニュ(Nsg)
プルミエクリュのグランヴィーニュに隣接している村名畑。
畑に石が多く、ミネラリーなワインが出来上がる。

最後までお読みいただきありがとうございます。

電子書籍でワインとウイスキーの入門書を販売中ですので、宜しければお試しください。

作り手
wine-spをフォローする
WINE SELECT PARTNER
タイトルとURLをコピーしました