本ページにはプロモーションが含まれています。

Ch Lascombes シャトー ラスコンブ【メドック格付けシャトー一覧】

作り手

スポンサーリンク

概略

シャトー ラスコンブは、マルゴーに位置しておりメドック2級に格付けされています。

所有している畑は84haであり、マルゴーで最も規模の大きいシャトーのひとつです。

シャトー ラスコンブは、17世紀に初代オーナーであるアントワン ドゥ ラスコンブ氏によって命名されました。

その後シャトーは、さまざまな人の手に渡ります。

1971年にはイギリスのビール会社であるバス チャーリントンが購入しました。

長年2級の格付けには不相応と言われていましたが、2001年にコロニーキャピタルというアメリカの投資会社買収。

著名コンサルタントを招き様々な改革が行われ、生産量を1/3まで抑え、品質が向上しました。

製法など

セカンド ワインはシュヴァリエ ド ラスコンブ。

所有してる畑は84haで、品種の栽培比率はカベルネ ソーヴィニヨン50%、メルロ45%、プティ ヴェルド5%です。

メドックでは珍しく粘土質石灰岩を持つ区画があり、カベルネソーヴィニヨンかメルロに植え替えたため、メルロ比率が高くなっています。

収穫はすべて手摘みで行い、熟成は80~100%の新樽比率で18~20カ月熟成を行います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シャトー ラスコンブ 2013 赤ワイン
価格:10584円(税込、送料別) (2019/2/4時点)

最後までお読みいただきありがとうございます。

電子書籍でワインとウイスキーの入門書を販売中ですので、宜しければお試しください。

作り手
wine-spをフォローする
WINE SELECT PARTNER
タイトルとURLをコピーしました