ネロダヴォラとは?ブドウ品種の特徴やシノニム、産地、おすすめワイン

シェアする




比較的スーパーのワインコーナーに並んでいるネロダヴォラ(Nero D’Avola)

ネロダヴォラはシチリアで主に栽培されている黒ブドウ品種です。

そんなイタリア料理店であれば必ずと言っていいほど在庫しているネロダヴォラについて、今回はお話させていただきます。

ネロダヴォラとは

ネロダヴォラは前述したとおり、主にイタリアのシチリア島で栽培されている黒ブドウ品種です。

シチリア島の土着品種であるためフランスワイン好きの方はあまり目にしたことがないかもしれません。

しかしネロダヴォラはシチリア島を代表する黒ブドウ品種です。

あまり世界的に知名度が高くない理由は、長い間安価なバルクワインにブレンドされ輸出されていたからかもしれません。

けれども近年はネロダヴォラを単一品種で使用したり、樽熟成させた高品質な赤ワインも生産されています。

ネロダヴォラのシノニム

ネロダヴォラのシノニム(別名)はCalabrese(カラブレーゼ)です。

カラブレーゼとは「カラブリア州風の、カラブリア州の」という意味ですが、ネロダヴォラはカラブリア州ではなくシチリア島原産とされています。紛らわしいですね|ω・)

ネロダヴォラのネロとはイタリア語で「黒」の意味で、ダヴォラはシチリア島南東部のアヴォラの村を由来としています。

ネロダヴォラの特徴

ネロダヴォラの果房は中程度の大きさで、果皮には蝋質の白い粉がみられます。

ネロダヴォラを使用したワインの色調は比較的淡いですが、樽で熟成させたタイプは濃い色調であることが多いです。

プラムなどの果実の香りが特徴的で、豊富なタンニン分を含みます。

渋み成分が多いワインを飲みづらいと感じる方もいると思いますが、ネロダヴォラは充実した果実味ももつため比較的親しみやすい味わいのワインが出来上がります。

タンニンが豊富であるということは、ポリフェノールも豊富であるということです。

ポリフェノールは美容・健康に効果的で、ネロダヴォラを使用したワインは「Le Vin Médicine(医療ワイン)」と以前フランスで呼ばれていたほどでした。

主な産地

ネロダヴォラは主にイタリア、特にシチリアで栽培されています。

カラブレーゼというシノニムがある通りカラブリア州でも栽培されていますが、シチリアの生産量には及びません。

イタリア以外ではアルゼンチンやカリフォルニア、オーストラリアでも栽培されています。

おすすめワイン

ネロダヴォラを使用したおすすめワインをご紹介させていただきます。

フェウド アランチョ ネロダヴォラ


・生産国:イタリア
・地域:シチリア
・品種:ネロダヴォラ
シチリアの大手生産者、フェウドアランチョが造るネロダヴォラです。

フェウドアランチョは土着品種だけでなく国際品種にも目を向け、コストパフォーマンスの高いワインを数多くリリースしています。

このネロダヴォラは滑らかな果実味と余韻に広がる細やかなタンニンが心地よい赤ワインです。

お食事に合わせやすいミディアムボディ。

牛肉のトマト煮込みや濃厚なトマトソースのパスタなどと好相性です(#^.^#)

最後に

今回はイタリアの土着品種であるネロダヴォラをご紹介させていただきました。

イタリア料理店、スーパーマーケットなどでも見かけることのある品種ですので、是非お試しください(^^♪


最後までご覧いただきありがとうございます。
ワイン初心者の方向けの内容をまとめた『ワイン入門書』をkindleにて販売しております


 

今なら有名ワインスクールの授業を無料体験できます↓