本ページにはプロモーションが含まれています。

テール ダルドワーズ グロロをテイスティング

赤ワイン

あまり馴染みのない品種ですが、『グロロ』を使用した赤ワインをテイスティングしました。

今回はテール ダルドワーズ グロロをご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

テール ダルドワーズ グロロをテイスティング

↑テイスティングしたのはこちらの生産者のグロロです。

・生産国: フランス
・地域:ロワール
・品種:グロロ

生産者名はテール ダルドワーズです。

1880年から続く家族経営のワイナリーであり、現在はヴァンサン ルブルトンが運営しています。

ワイナリー名であるこのテール ダルドワーズはそのまま『スレート土壌』を意味しています。

スレート土壌とは日本語だと『粘板岩』と呼ばれています。

粘板岩はミネラルが豊富な土壌で、国によっては『シーファー』『シスト』とも呼ばれています。

そのようなことからテール ダルドワーズのワインには強いミネラルが感じられます。

テール ダルドワーズではグロロだけでなく、ソーヴィニヨン ブランやロゼ ダンジューもリリースしています。

Tasting

2020
濃い目のルビー色。
香りは土のニュアンスや野性味、ザクロ、アメリカンチェリー。
柔らかな口当たりとしなやかなボディ。
サンは穏やかだがエキス感のある果実味。
細かなタンニンと緩やかな収斂性。
余韻には鉄のようなミネラルが残る。(2022)

最後に

今回はテール ダルドワーズ グロロをご紹介させていただきました。

グロロを試したことがない方、是非お試しください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

電子書籍でワインとウイスキーの入門書を販売中ですので、宜しければお試しください。

赤ワイン
wine-spをフォローする
WINE SELECT PARTNER
タイトルとURLをコピーしました