本ページにはプロモーションが含まれています。

Henri Rebourseau アンリ ルブルソー【ブルゴーニュの作り手一覧】

作り手

スポンサーリンク

概略

アンリ ルブルソーは、ジュヴレシャンベルタンの小さなドメーヌです。

1919年に、現当主ジャン ド シュレル氏の祖父、アンリ ルブルソー将軍が畑を購入したことから始まります。

1980年代にジャン氏の父のピエール ルブルソー氏がワイナリーを設立しました。

2018年にボルドー、シャトーモンローズのブイグ兄弟によって買収され、注目を浴びています。

生産量が少なく、ほとんどが地元フランスで消費されてしまう造り手です。

製法など

収穫は手摘みと機械摘みを併用しています。

低温でのマセラシオン後、徐々に温度を上げていきます。

伝統的な醸造スタイル。

木樽とステンレスタンクを使用し、自然発酵。

熟成はキュヴェによりますが、村名は10~30%程で、17カ月熟成させます。

プルミエ クリュやグラン クリュでは新樽100%で熟成させています。

ドメーヌでしっかりと瓶内熟成を経てから、蔵出しでリリースしています。

所有している主な畑

Chambertin シャンベルタン
Charmes Chambertin シャルムシャンベルタン
Chambertin Clos de Beze シャンベルタン クロ ド ベーズ
Mazis Chambertin マジ シャンベルタン
Fonteny(Gc 1er) フォントニー
新樽比率100%、18カ月熟成

Clos de Vougeot クロ ド ヴージョ

最後までお読みいただきありがとうございます。

電子書籍でワインとウイスキーの入門書を販売中ですので、宜しければお試しください。

作り手
wine-spをフォローする
WINE SELECT PARTNER
タイトルとURLをコピーしました