本ページにはプロモーションが含まれています。

Ch Boyd Cantenac ボイド カントナック 【メドック格付けシャトー】

作り手

シャトー ボイド カントナックは日本であまり知名度は高くありませんでしたが、漫画「神の雫」で2001年のボイドカントナックが紹介されたことにより、一気に人気が高まりました。
今回はこのシャトー ボイド カントナックを紹介します。

スポンサーリンク

概略

シャトー ボイド カントナックは、マルゴー村でメドック3級に格付けされているシャトーです。

カントナックのコミューンの中心に位置しています。

1754年にアイルランド出身の羊毛商人であったジャック ボイド氏が創設し、その後所有者は変遷。

そして1932年にはギュメ家が所有し、同家の所有していたシャトー プージェの敷地で生産・貯蔵されていました。

1982年からシャトープージェと違う場所に変わりましたが、品質は不安定という評価を受けていました。

1997年からはルシアン ギュメ氏が引き継ぎ、醸造学者であるエミール ペイノー博士の指導を受け、品質の向上を目指しています。
※2000年以降評価は上がってきています。

セカンドワインとしてジャック ボイド、ジョセフィーヌ ド ボイド、ラ クロワ ド ボイド カントナックがリリースされています。

製法など

所有している畑は17haで、平均樹齢は35年です。

ブドウの栽培比率は、カベルネフラン60%、メルロ25%、カベルネフラン8%、プティヴェルド7%です。

自然環境を意識して栽培を行っており、化学物質の使用は最低限に控えています。

収穫は全て手摘みで行い、発酵はコンクリートタンクを使用。

熟成は樽を使用し、新樽率は50~60%で、12~18ヵ月熟成、ろ過はせずに瓶詰めします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

電子書籍でワインとウイスキーの入門書を販売中ですので、宜しければお試しください。

作り手
wine-spをフォローする
WINE SELECT PARTNER
タイトルとURLをコピーしました