本ページにはプロモーションが含まれています。

ブルゴーニュ アリゴテ メゾン アン ベルリーをテイスティング

白ワイン

じめじめとした6月。

酸味が欲しくなり、久しぶりにアリゴテをテイスティングしました。

今回のテイスティングはブルゴーニュ アリゴテ メゾン アンベルリーです!

スポンサーリンク

ブルゴーニュ アリゴテ メゾン アン ベルリーをテイスティング

・生産国: フランス

・地域:ブルゴーニュ

・品種:アリゴテ

フランスのブルゴーニュ地方で造られる白ワインといえば、シャルドネが思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。

しかしこのアリゴテもブルゴーニュで栽培されているブドウ品種です。

アリゴテといえば比較的多産品種で、カジュアルなワインに使われている印象のあるブドウ品種です。

しかしカジュアルなワインばかりだけでなく、コシュ・デュリさんが造るような高級ワインもあります。

た、高い・・・。

アリゴテでこの価格は少し手を出しづらいですね( ;∀;)

今回私がテイスティングしたアリゴテの生産者はメゾン アン ベルリーです。

Maison En Belles Lies メゾン アン ベル リー
概要メゾンアンベルリーは、サントーバンを本拠地とする生産者です。オーナーはピエール・ファナル氏です。

特徴的な窓のエチケットは、シトー派の修道院(Abbaye de Fontenay)の7つの窓のデザインからとったようです。

一度見たら忘れなさそうなラベルデザインです。

Tasting

2017

色調は薄い山吹色。ディスクは厚め。

香りはレモン、蜜、蜜柑のような柑橘、少しアンモニア。

口に含むと少し丸みを帯びたアタック。とろりとした粘性と渋みが感じられる。

酸味はレモンヨーグルトのように、まろやかさの中に柑橘の風味。余韻の長さは中庸。(2021)

最後までお読みいただきありがとうございます。

電子書籍でワインとウイスキーの入門書を販売中ですので、宜しければお試しください。

白ワイン
wine-spをフォローする
WINE SELECT PARTNER
タイトルとURLをコピーしました