本ページにはプロモーションが含まれています。

David Duband ダヴィド デュバン【ブルゴーニュの生産者】

作り手

スポンサーリンク
スポンサーリンク

概略

ダヴィド デュバンはブルゴーニュのドメーヌであり、「若き天才」と呼ばれ、高く評価されています。

2015年にはワイン評価誌ル メイユール ヴァン ド フランスで3つ星に昇格し、ブルゴーニュ最高峰の生産者としての地位を不動のものとしています。

ドメーヌは1971年にダヴィド氏の父親によって設立され、ワイン造りの歴史が始まりました。

当時はすべて協同組合に販売されており、元詰めを行っていませんでした。

ドメーヌと同じ1971年に生まれたダヴィド氏は19歳で学校を卒業後、アミオ セルヴェルやラルロでスタジエ(研修生)を経験。

その時期にジャイエ ジルとも親交が出来たようです。

その後ドメーヌのワイン造りに参加し、ドメーヌ元詰めを開始していきます。

フランソワ フュイエとはメタイヤージュ契約を結んでおり、フランソワ フュイエの畑でダヴィド デュバンがワインを作り、そのワインを半々ずつ分かち合うことにしています。
そのためフランソワ フュイエのラベルでも、中身はダヴィド デュバンのものと変わらないという事ですね。

製法など

ダヴィド デュバンでは、ブドウ栽培に重きを置いており、2001年にはエコセールの認証を取得しています。

収穫したブドウはなるべく自然の状態で発酵・熟成を行います。

熟成は樽で行い、新樽率はプルミエ・グラン クリュで40%、村名などは30~40%です。

生産している主な畑

2006年よりモレ サン ドニのジャッキー トルショの畑を引き継いでおり、以後も様々な畑がダヴィド デュバンの元に集まってきています。
Echézeaux Les Rouges du Bas 0.5ha
あのDRCの隣の区画を所有しています。

Les Pruliers (Nsg 1er)
ニュイ サン ジョルジュの中央部にある畑。

Les Sentiers (Cm 1er)
トルショから引き継いだ、樹齢60年を誇るプルミエクリュ。

Clos de la Roche
トルショから引き継いだグランクリュ。

タイトルとURLをコピーしました