本ページにはプロモーションが含まれています。

クローズ エルミタージュ エキノックス ドメーヌ デ リゼをテイスティング

赤ワイン

今回はクローズ エルミタージュ エキノックス ドメーヌ デ リゼの2018年をテイスティングしました。

私は北ローヌのシラーが好きなので、購入してから飲むのを楽しみにしていました。

ではご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

Crozes Hermitage Equinoxe Domaine des Lises

・生産国:フランス
・地域:ローヌ
・品種:シラー100%

クローズ エルミタージュというワイン産地で造られた赤ワインで、エキノックスというキュヴェのワインです。

生産者はドメーヌ デ リゼ。

ドメーヌ デ リゼとは

ドメーヌ デ リゼは、クローズ エルミタージュを代表する生産者であるアラン グライヨ氏の息子であるマキシム グライヨ氏が創業したドメーヌ(ワイナリー)です。
2003年に創業し、初ヴィンテージである2004年から高い評価を得ています。

35~40hl/haと低収量を実現させ、量よりも質を重視しブドウ栽培を行っています。

新樽の使用は5~10%に抑えており、ブドウのもつ味わいを綺麗にワインに反映させている生産者です。

クローズ エルミタージュだけでなく、サンジョセフやコルナスも生産しています。

クローズ エルミタージュ

クローズ エルミタージュ(Crozes Hermitage)は南フランスのローヌ河流域に位置するワイン産地です。

ローヌ川流域は大きく「ローヌ地方」と区分けされますが、そのローヌ地方でも「北部」に位置しています。

北部はローヌ川右岸にワイン産地が多いのですが、クローズエルミタージュは左岸に位置しており、銘醸地であるエルミタージュを囲むように広がっています。

クローズエルミタージュの指定生産地域は比較的広い為、多様なワインが生産されています。

Taisting


2018
紫がかった、深いルビー色。
カカオ、シナモン、熟したプルーンのコンポート、黒胡椒、獣臭。アメリカンチェリー。
コクのある果実味、酸味は穏やか。
あまりタンニンと酸味が強くなく、丸みのある印象を受ける。少し血のようなニュアンス。
エキス分が強く、果実味が強い。
穏やかなバランスが心地よい、ミディアム〜フルボディなワイン。(2020)

最後に

とても豊かな果実感が印象的で、温かみのある赤ワインです。

是非お試しください😄

最後までお読みいただきありがとうございます。

電子書籍でワインとウイスキーの入門書を販売中ですので、宜しければお試しください。

赤ワイン
wine-spをフォローする
WINE SELECT PARTNER
タイトルとURLをコピーしました