本ページにはプロモーションが含まれています。

キャンティ コッリ フィオレンティーニ ラ スピノーザ 2013をテイスティング

赤ワイン

今回はハリネズミのエチケットが可愛いワインを、テイスティングしました。

しつこいほどに言われているstay homeを守って、皆さんも家でテイスティングをしましょうヽ(^o^)丿

スポンサーリンク

Chianti Colli Fiorentini la spinosa

・生産国:イタリア
・地域:トスカーナ
・品種:サンジョベーゼ、カナイオーロ、コロリーノ
イタリア、トスカーナ州で造られたワインです。

ブドウ品種はサンジョベーゼ、カナイオーロ、コロリーノ。

まさに「キャンティ」といった構成です。

キャンティとキャンティクラシコの違いとは?特徴や歴史、おすすめワイン
イタリア料理店には必ずキャンティという言葉が付いているワインが在庫してあると思います。この『キャンティ』とは一体どういうワインなのでしょうか?今回はこのキャンティとキャンティ クラシコについて解説させていただきます。

キャンティ コッリ フィオレンティーニは、昔からキャンティを生産している、キャンティ内の指定地域。

エチケットにはかわいいハリネズミが描かれています。

このワイナリーは山奥に位置しており、様々な野生の動物達と出くわすことがあるようです。

ハリネズミだけでなく、キツネが描かれたワインもリリースしています。

デザインが可愛いワインだと、僕はついついジャケ買いしてしまいます(^^

Tasting

2013
軽くオレンジがかったルビー色。
かすかに青く清涼感がある針葉樹、土の香り。
スワリングすると少しこもった納屋の香りが感じられる。
口当たりは柔らかく、果実味が控えめでドライな印象。
小気味よい酸味と柔らかさのある構成に感じられるが余韻のタンニンはざらついている。
時間が経つと杏のような香りが出てくるが、納屋の香りも付随している。
(2020)

最後までお読みいただきありがとうございます。

電子書籍でワインとウイスキーの入門書を販売中ですので、宜しければお試しください。

赤ワイン
wine-spをフォローする
WINE SELECT PARTNER
タイトルとURLをコピーしました