本ページにはプロモーションが含まれています。

シリオ エトナ ロッソ ヴァレガルフィーナをテイスティング

赤ワイン

暑いので「柔らかな赤ワインが飲みたいな」と思い、エトナ ロッソをテイスティングしました。

エトナはシチリア島の赤ワインでは異色ともいえる存在です。

是非参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シリオ エトナロッソ ヴァレガルフィーナ

・生産国: イタリア
・地域:シチリア
・品種:ネレッロ マスカレーゼ主体

シリオは生産者名、エトナ ロッソが銘柄名(DOC)です。

ヴァレガルフィーナはエトナの中のサブゾーンで、標高650m以上の高地に広がるワイン産地です。

シリオは1815年からエトナ山東部のヴァレガルフィーナを中心にブドウ栽培を行う生産者です。

エトナに広がる特徴的な火山灰土壌で育ったブドウから、自然体のワインを生産しています。

エトナについてはこちらをどうぞ↓

エトナ ワインの特徴とは?ロッソ、ビアンコ?
エトナは、近年注目されているワイン産地です。膨大なワインを生産しているシチリア島で、少し独特なスタイルを持ちます。 今回はこのエトナ ワインについてお話させていただきます。

Tasting

2018
暗めなガーネット。
鉄分、なめし皮、たばこ、果実は赤と黒を両方感じる。
口当たりは柔らかで、穏やかな酸。全体的に丸みを感じるバランス。
ボディは軽やかで繊細、タンニンは細やかで穏やか。包み込むような余韻。(2022)

最後に

今回は暑い時期でも楽しむことができる柔らかなエトナ ロッソをテイスティングしました。

夏でも赤派な皆様、ぜひお試しくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

電子書籍でワインとウイスキーの入門書を販売中ですので、宜しければお試しください。

赤ワイン
wine-spをフォローする
WINE SELECT PARTNER
タイトルとURLをコピーしました