食後酒とは?オススメなお酒、ワインは?

シェアする




食後酒とは、その名の通り食後に楽しむお酒のことです。

この食後酒を楽しむことで、より外食の時間や、お家での食後のひと時を贅沢な時間にすることができます。

しかし食後酒とは言っても、何を飲めばいいかわからない。。。という方に向けて、今回はこの食後酒についてお話しします。

食後酒とは

食後酒は食後に楽しむお酒のことで、お食事と合わせることよりもそのお酒単体で飲んで満足感が高いものが選ばれることが多いことが特徴です。
※もちろん食後のデザートやチーズなどと合わせることもあります。

食事を終えたばかりですので、お腹にたまるような泡物や、液量のあるロングカクテルではなく、度数の高い蒸留酒やショートカクテルなどの味わいの濃いお酒を少量召し上がることが多いです。

夜寝る前に飲むとされるナイトキャップは、眠気を誘うように度数は高いですが、甘く飲みやすく、気持ちよく寝床に入ることが出来るものが好まれます。

代表的な食後酒

代表的な食後酒をいくつかご紹介させていただきます。

デザートワイン(甘口ワイン)

デザートのような甘みのあるワインです。
ヨーロッパは甘いものには甘いものを合わせる風潮があるので、デザートの際には甘口ワインを合わせます。
日本は甘い和菓子には苦いお茶ですね😳
甘口ワインには貴腐ワインや遅摘みワイン、ポートワインなど様々な種類があります。
詳しくはこちら

ブランデー

ブドウが原料の蒸留酒を一般的にはブランデーと呼びます。
(果物が原料の蒸留酒をブランデーと呼びます)

フランスではコニャックやアルマニャックが有名な産地ですが、りんごから作られたブランデーのカルヴァドスもフランス産です。

華やかなフルーツの香りはまさに魅惑的。。。

グラッパやマールなどの粕取りブランデーも人気があります。

ショートカクテル

液量の多いロングカクテルに対して、度数が高く液量の少ないカクテルはショートカクテルと呼びます。

マティーニやギムレット、マンハッタンなどは代表的なショートカクテルです。

食後はマティーニのようなドライなものではなく、甘みのあるショートカクテルがオススメです。

ドライなショートカクテルは胃を刺激して食欲を増進するということで、食前酒で楽しむ方もいらっしゃいますね。

空腹で度数の高いカクテルを飲むと食事の前に酔いつぶれてしまいそうです。

ラム

サトウキビから作られた蒸留酒です。

食後酒で召し上がる場合は透明なホワイトタイプではなく、カラメル添加や樽熟成を行った色の濃いダークラムがオススメです。

甘みのあるダークラムはタバコやシガーとの相性が良く、贅沢な時間を演出することができます。

※シガーをお店で吸う場合、香りが強いので周りのお客様へご配慮下さい。

ウイスキー

近年のハイボールブームにより、若い方でもウイスキーを召し上がる方が増えてきました。

しかしまだロックやストレートで召し上がる方は少ないように感じるので、食後酒として召し上がられてはいかがでしょうか。

ウイスキーに関する情報はこちらのメディアがお勧めです↓Whiskeen(ウイスキーン)はウイスキー好きが運営するWebメディアです。各ウイスキーの紹介や蒸留所スタッフのインタビュー記事など、ウイスキー好きに嬉しい情報が満載です。

オススメな食後酒

私がオススメの食後酒をご紹介します。

お家で楽しむのも良し、お店で見かけたら頼んでみるのも良しです。

是非ご覧ください。

ソーテルヌ

貴腐菌の影響により甘みが凝縮したブドウから作った甘口ワインです。
ソーテルヌはフランスのボルドー地方にある産地で、「世界三大貴腐ワイン」の一つとして知られています。
チョコレート系よりは、クリーム系やフルーツなどのデザートと好相性です。

アイスワイン

ブドウが凍るまで収穫を送らせ、凍ったブドウから甘みのある果汁を搾ったワインです。
カナダが有名産地ですが、ドイツなどでも生産されています。

カルヴァドス

フランス北部、ノルマンディーで作られたりんごが原料のブランデーです。
華やかな香りが特徴で、ストレートやロック、またはトニックウォーターで割っても楽しむことができます。

グラッパ

イタリアンレストランでの食後酒といえば、グラッパです。
ワイン用に果汁を搾ったブドウの粕から造られたブランデーです。
果皮の香りが強く感じられ、主にストレートで楽しみます。
イタリアではエスプレッソにグラッパを入れる文化があるようです。

マンハッタン


ウイスキーとヴェルモットロッソを使用した、ショートカクテルです。
ウイスキーにヴェルモットでほのかに甘みを加えた、繊細なカクテルです。

グラスホッパー


ミントリュールとホワイトカカオリキュール、生クリームを入れたショートカクテルです。
組み合わせの通り、チョコミントのような味わいをもち、まさにデザートを食べているような気持ちになります。お店によってはシェイクの仕方によってムース状にしたり、飲みやすく液体状にすることがあります。

シーバスリーガル ミズナラ

日本固有のミズナラの木を使用した樽で熟成を行ったスコッチウイスキーです。
甘みがあり飲みやすく、ロックやソーダ割りがオススメです。

燻酒

スコットランド、アイラ島のシングルモルトウイスキーです。
どこの蒸留所かは秘密にされています。
その名の通り燻製の香りが強く、熟成年数が短いためストレートにピートの香りが感じられます。

最後に

今回は食後酒について解説させていただきました。

レストランに行った際に、食後に食後酒を楽しまれていると、とても店側は嬉しい気持ちになります。

もちろん売上的な理由はありますが、お酒がお好きなんだなと感じるからです。

是非皆さんも食後酒を楽しみましょう🙂


最後までご覧いただきありがとうございます。
ワイン初心者の方向けの内容をまとめた『ワイン入門書』をkindleにて販売しております


 

今なら有名ワインスクールの授業を無料体験できます↓